悪性リンパ腫で頸椎溶けたことなど。

骨原発なホジキンリンパ腫患者の記録

放射線治療その2- 46Gy照射後の副作用とPET-CTとMRIでの評価と今後の予定

46Gyという照射量はホジキンリンパ腫にしてはなかなか多いのではないかと思う。腫瘍を消すためになるべく多く照射したいけど脊髄には50Gy未満しか掛けられないから46Gyかな、ということで決まった照射量。高まる線量、高まる不安と二次発がんのリスク。北海道はすっかり冬だなあ。

 

副作用ですが、照射しているうちは喉がイガイガするくらいだったのが、46Gyを終えて2日間ほど経ったあとから猛烈に喉が痛くなった。飲み込むたびに涙が出るくらい。痛み止めを飲もうかなと思ったけど、「今日より明日の方が痛いときのために今日は痛み止めを飲むのを止めておこう」という謎の心理で結局、飲まなかった。「こりゃ痛くてたまらんわ~」という時期は4日間くらい続き、その後は割とすぐ落ち着いた。落ち着いてメタルキングを狩りまくった。DS版DQ5の新キャラのデボラがあまりにも強い。

 

PET-CTを撮った。小さくなっているものの、頸椎前面の集積が見られた。また、全身の他の部位への転移を疑う集積はなかった。部分寛解での状態で自家移植併用大量化学療法になだれ込む運びになった。なだれ込み。5年全生存率が20%弱のパターン。悟り。

MRIでも、頸椎前面の腫瘍的な信号は小さくはなっているものの未だに消失せず存在していた。

もちろん、楽観的に解釈すれば、PET-CTでの頸椎前面の集積は放射線治療後の炎症で、MRIでの信号は消失過程にある信号を捉えたものと考えられなくもない。ただ今までの経過からしてそれは無理な解釈に思える。

 

明日から大量化学療法が始まる。「移植前処置」はMEAM療法で行なうことになった。非常にどうでもいいが、「移植前」という言葉がつくと、「移植こそがメインであり、前処置はサブ」という印象になるが、これは移植による殺腫瘍効果が期待できる同種移植においては正しいものの、抗がん剤自体の力を当てにしている自家移植併用大量化学療法については、適切ではないと思う。

 

この前処置は、これまでに受けた治療の中で最も治療関連死の確率が高いので、無菌室での個室ライフをエンジョイしつつ、なんとか生還したい。上手くいけば、今回の特別国会が閉会するまでには、この大量化学療法のことを記事に出来るかもしれぬ。