悪性リンパ腫で頸椎溶けたことなど。

骨原発なホジキンリンパ腫患者の記録

今年の夏は暑いですね。

今年の夏はめちゃ暑いですね。

 

今年度は博士課程4年目になってしまい、すでに1年留年しているので、できれば卒業したい。ので、時間と体力を有効に活用して冥途の土産にも学位取りたい。

 

病気の再発・悪化の防止のため、淡々と3週間に1回の維持療法を行ない、その後5日くらい具合悪い日々が続きますが、それ以外の日は少なくとも10時間/日くらいは労働できています。副作用は、手の指先の末梢神経障害が投与後の3日くらいは続きますが、時間が経つと弱くなっていく感じ。しびれは蓄積しているのかもしれないけど、そこまで気にならないくらい(ものを落としたり、パソコンのキーボード入力に支障が出たり、ということもない)。あと、何故かわからないけど抗がん剤投与後の3日間はめちゃ眠い。1日13時間くらい寝てる(研究室には午後だけ登校orお休みにしています)。

 

そういえば来年生き残ってしまった場合の保険?として公務員試験受けてみたら結構よい席次で合格できた。脳細胞が壊れすぎているということもなさそうでよかった。ところで、面接の時に「がんです」的なことを面接前に提出するカードに書いておいたのだが、全く触れられなかった。官庁訪問前の面接ではそういう病気のこととかは聞かないルールになっているのかなと思った。

 

誰もが誰もの特殊な生を生きているだけなのだ、という厳然たる事実を見つめて、どんな状況にあっても盤面を広く見て、最善手を探しつづけ、その決断に身を投じて生きたい。