悪性リンパ腫で頸椎溶けたことなど。

骨原発なホジキンリンパ腫患者の記録

大量化学療法後のPET-CTの結果と肺炎

自家移植後5週間後にPET-CTを撮った。結果は、第4頸椎へのFDG集積は有意ではなかった。リンパ腫の病変を疑うような別部位への集積もなかった。遂に「寛解」の二文字を、一時的なものであるかもしれないとしても、得ることができた。とてもうれしかった。

 

しかし、肺と胃にFDG集積が認められた。実は、PET-CTを撮る前の1週間ほど、右肺がゼーゼーしていて、熱も出ていたのだが、予想通り、肺炎になっているようだった。胃については、食欲不振などもなかったため、思い当たる節は全く無かった。この肺炎らしき影と胃の集積がなんなのかを調べるため、PET-CTの結果を聞きに行ったその日に入院することになった。

 

胃のFDG集積について、胃に炎症が起きているか否か、また炎症があった場合にそれはなんなのかを確認するための胃カメラと生検を行なった。結果、胃にはまったく炎症はないということだった。PET-CTでは、消化管の蠕動運動に応答してFDGが集積することがあるらしく、今回の胃への集積はそれであろうという結論で、胃に関しては無罪放免となった。

 

肺のFDG集積について、考えられる原因は、悪性リンパ腫の転移、ウイルス感染による肺炎、細菌感染による肺炎、免疫異常による器質化肺炎の可能性が考えられた。まず、悪性リンパ腫の転移については、CT画像上での影がリンパ腫に典型的ではないということと、第4頸椎以外にもかつてあった全身の転移については初回治療であるABVD療法の時点で全て消失させられているであろうということで、完全に否定はできないものの有力候補からは除外された。また、ウイルス・細菌感染については、サイトメガロウイルスマイコプラズマ、アスペルギルス、b-glucanなどはすべて陰性で、血液培養でも特に何も検出されなかったということで、これらも原因の有力候補から除外された。

消去法的に残された原因の候補は、自家移植後の免疫の異常による器質化肺炎であった。この可能性を検証するためには、気管支鏡による検査やあるいは外科的に生検する必要があるのだが、CT上で確認される影があるのは気管支鏡で届きにくい場所にあることや、自家移植後の生着症候群がひどかったことなどからこの可能性の蓋然性が高いということから、確定診断なしに、ステロイド剤(プレドニン)による免疫抑制を試みることになった。その結果、発熱と肺のゼーゼーが収まり、またレントゲン上での肺の影も薄くなったので、しばらくはこれで様子を見ようと言うこととなり、年の瀬ぎりぎりで退院できた。2016年の年末は頸椎の後方固定術直後で、病室で年を越したので、家に帰れてとてもうれしかった。

 

今後は1週間ごとに通院し、レントゲンを確認しつつ徐々にステロイドの量を減らすという方向になった。本来であれば、器質化肺炎に対するステロイド剤投与は1ヶ月単位で減量していくものなのだが、今回は自家移植後ということもあり、免疫機能を落とし続けることのリスクを鑑みて、通常より速いペースでステロイド減量をすすめることになった。ステロイドが多いと感染が怖いので外出も不自由だし、何より熟睡できないので、自分としてもこれは都合がよかった。とにかく肺が早く治って、それが少しの間だったとしても研究室に復帰してかりそめの研究生活を少し楽しみたい。

 

2018年も当面はこのブログを続けていこうかと思っています。よろしくお願いします。